このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

長野野菜園 長野進

【経営の概要】

法人化し、次代を担う若手生産者で徹底して収量の向上を狙う。
小ねぎの1反当りの収量は、グループ内でトップであり、ケースあたりのコスト(は2番目に低い。
小ねぎのキロ単価はグループ内で2番目であり、出荷のタイミングを考慮した計画的な作付けがなされている。
小ねぎの1反あたりの振込金額はグループ内でトップである。またケースあたりの振込金額はグループ内で2番目であり、ケースあたりの振込金額からコストを引いた差し引きも2番目である。
水菜の1反当りのコストはグループ内で最も低く、ケースあたりの振込金額からコストを引いた差し引きは2番目に大きい。
坪当たりの振込金額はグループ内で最高である。
【生産・流通コストの要因調査・分析結果より】
【栽培品目】・小ねぎ・水菜