太郎グループとは

組合長あいさつ

組合長 大坪 義揚

太郎グループは生産者が立ち上げた組織(任意組合)です。

太郎グループでは、安全・安心な野菜をお客様のご希望に沿った形で提供させていただく、ということをモットーとしてまいりました。

そのため、出荷規格(サイズ、グラム数、包装形態etc)は多岐に渡り、生産者の包装作業の種類は数十種類に及んでいました。

 

また、各生産者の規模の拡大化が進み、お客様の様々なニーズに柔軟に対応するということが非常に大変なことになってきました。

そこで、流通の拠点施設(パッケージセンター)を建設し、そこに野菜を集めて、一括での製品管理、包装作業を行うことにしました。

これにより、生産者は包装作業の負担が軽減され生産活動に集中でき、より安全・安心な野菜作りに取り組めるようになり、また、更なる規模の拡大も臨めるようになりました。

また、パッケージセンターによる一括管理ができるので、より厳しい品質管理、今まで以上に様々なニーズに応えることができるようになりました。

 

これからも、より安全・安心な野菜を皆様のご希望に添った形で提供できるように取り組んでいきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

 

組合長 大坪 義揚