太郎グループの取り組み

生産性向上の取り組み

「生産」と「包装・出荷作業」の分立

実需者ニーズへのより柔軟な対応

・・・多岐に渡る商品規格に対応

生産への集中による規模拡大

・・・集荷便、パッケージセンター利用

生産管理への集中によるA品率の向上

・・・パッケージセンターでの共同梱包

包装・出荷作業における品質の均一化

・・・パッケージセンターでの共同梱包

資材の一括購入によるコストダウン

・・・フィルムはロール単位で購入

週次のミーティング・コスト要因調査・分析検討会の開催

週次のミーティング
  • 販売情報の共有により、消費者の動向を意識した生産へ
  • 新品目の選定、補助事業の活用、研修生の受け入れ、防除技術など農業経営全般に関する情報共有や意見交換を通じての経営力強化
  • 外部委員やコンサルタントを交えた検討会の開催により、生産者ごとのコストや収量の比較分析を通じ、より競争力のある産地へ